Home » お部屋探しガイド » 【第2回】お部屋探し用語がよくわからない!

【第2回】お部屋探し用語がよくわからない!

お部屋探し用語解説~「建物」編~

 じゃあまずは、もふが一番疑問に思っている質問~!

「マンション」と「アパート」の違いって何?

 これはけっこうお店でも受ける質問だね。
ズバリその二つの違いは建物の構造にあります。

建物の構造にはいくつか種類があって、木造(モクゾウ)・鉄骨造(テッコツゾウ)・鉄筋コンクリート造(テッキンコンクリートゾウ)・鉄骨鉄筋コンクリート造(テッコツテッキンコンクリートゾウ)の4種類が代表的な構造なんだ。

・「木造」は文字通り、柱や壁が木でできている。
・「鉄骨造」は柱の部分に鉄骨・・・つまり金属が使われている。
 ※金属が使われてるんだから火に強そうに感じるかもしれないけど実はそうでもない、という問題が宅建試験によく出ます。
・「鉄筋コンクリート造」は「RC」といって、柱に金属・壁にコンクリートが使われている。
・「鉄骨鉄筋コンクリート造」は「SRC」といって、これも柱に金属・壁にコンクリートが使われている。
 ※SRCだとRCに比べてより高層の建物を建てることができます。


そして一般的に「木造」のものは「アパート」鉄筋コンクリート造以上のものは「マンション」と呼ばれます。

 あれ? 思いっきりスルーされた「鉄骨造」はどっち?

 そう、これが微妙なところで、「鉄骨造」には更に「軽量鉄骨造」と「重量鉄骨造」の2種類があるんだ。
これはそれぞれ柱に使われている金属が太いか細いかの違いだね。
「軽量鉄骨造」は「アパート」に、「重量鉄骨造」は「マンション」に分類されることが多い傾向にある・・・っていうところかな。

 じゃあ、厳密に違いがあるわけじゃないんだ。

 そういうことだね。
上の話も「一般的にはそう言われている」っていう感じだからね。

そもそも、言葉の語源からしてアパートは「アパートメント」、つまり「共同住宅」を指して、マンションは「豪邸」を意味する言葉なんだ。
マンションも「共同住宅」には変わりないからなぁ。
新しめのRC造マンションで【○○アパートメント】シリーズなんていうのもあったりするし。

 ふむふむ、じゃあ結局あまり大きな違いは無い、ってことかな?

 あくまでも言葉の意味としては、ね。
でも、一般的に流通している物件情報ではやっぱり「アパート」「マンション」で区分けされているから、分類方法として覚えておくと便利かな。
例えば、次に挙げるような傾向があるからね。

 アパート
 ○建築コストが安いので、マンションより賃料も安めになる
 ○同コストならマンションよりも広めに部屋を作ることができる
 ○通気性に優れている
 ×壁や床がマンションに比べて薄くなりがち
 ×火に弱い
 ×構造上どうしても廊下が外になりがちで、オートロックがつけられないことが多い
 マンション
 ○基本的に壁が厚い(※例外ももちろんある)
 ○火に強い
 ○様々な構造をとることができ、内廊下タイプやオートロック付きなどバラエティに富む
 ×建築コストが高いので、賃料は高くなる
 ×柱や梁、壁の厚みの影響でアパートよりも狭くなりがち
 ×通気性に劣り、小まめに換気をする必要がある。結露からのカビ発生に要注意

 ほえ~! なんか一長一短って感じだね!

 そうなんです。
たまに「マンションの方が絶対的に優れている!」というお考えの方もいらっしゃいますが、森下は一概に全てにおいてマンションが優れているとは言えないと思います。
また、ハウスメーカーさんが建築したアパートは広く・防音性能がよく・コストも安い、ということで若い方に人気だったりもします。

 木造だったら、もふもガジガジ色んなところをかじれるね♪

(※うさぎの習性解説・・・歯が一生伸び続けるため、草や木をかじって歯をすり減らす習性があります)

 やめてくれ~ッッッ!


お部屋探し用語解説~「間取・設備」編~

 じゃあ次~!

単身向けの物件で「ワンルーム」と「1K」の違いって何?

 これは簡単!
一部屋だけの物件のうち「ワンルーム」は「キッチンが部屋の中にある」もの、「1K」は「キッチンが部屋と分けられている」ものを指すんだ。
とは言っても、一般的に「ワンルームマンション」って表現する場合はどちらも入ってくるけどね。

ちなみに、「1K」とか「1LDK」とかの表記の仕方についてはブログで解説しているので参考にしてね!


・参考:森下のブログより
不動産広告の読み方~「間取り」編~

http://ameblo.jp/eikou-house/entry-11285981113.html


 へぇ~! ワンルームと1Kだとどっちの方がいいのかな?

 これまたさっきのアパートとマンションみたいに一長一短あるんだよね。
ワンルームだと、部屋とキッチンが分かれていない分、部屋全体の広さ(専有面積・平米数)に対して生活空間が広くなるんだ。
その代わり、キッチンが部屋の中にあるから、料理をすると部屋の中ににおいがこもったりします。
1Kだと、キッチンを独立して使える分、部屋全体の広さに対して生活空間がちょっとだけ狭くなる・・・傾向にある。
あと、ドアが付く分だけ生活空間の中にデッドスペースが生まれる可能性があるかな。

とは言っても、これは好みの問題ってところが大きいから、自分が料理をする頻度とかを考えてみるといいかも。

 なるほど~!
じゃあ、次々~! 永幸不動産の「物件情報」で出て来る「設備」っていうやつを教えて!
あと、他の不動産サイトでも出てくるようなやつも!

ガスコンロと電気コンロとIHってどう違うの?
「オートロック」ってどういうものなの?
「分譲タイプ賃貸」ってどういう意味?
「シャンプードレッサー」って何?
「メゾネット」ってインターネットの一種?
「インターネット対応」ってどんな状態?


 本当に次々に来たね・・・。
じゃあ、一つ一つ答えよう!

ガスコンロと電気コンロとIHってどう違うの?
ガスコンロは直接火が出るから何といっても熱が通るのが早い! 市販の調理器具ならほぼ問題なく使えます。
電気コンロは電気の力で熱を出すコンロなんだけど、温まるのに時間がかかるので本格的なクッキングには不向きといわざるを得ません・・・が、自炊をあまりしない人なら問題ありません!
IHコンロは電気コンロの進化版で温まるのが早い!
コストも安いので、人気の無い電気コンロの物件をIHに交換するオーナーさんも多いです。
但し、IH対応のフライパンや鍋を使う必要があるのと、機種によっては作動中にけっこう大きい音が出ます。


「オートロック」ってどういうものなの?
建物の入口に設置されている装置で、入居者が鍵をさしたり暗証番号を入力しないと建物に立ち入ることが出来ないようになっています。こうすることで部外者の立ち入りがシャットアウトできるんだ。
お部屋に友達を呼ぶときはオートロック装置に部屋番号を入力して「呼出」ボタンとかを押すと部屋の中のインターホンで通話できるんだ。ごく一部、この通話機能が備わっていないオートロックもあるので、その場合は携帯電話を使ってください・・・。
新しめのマンションだと、このオートロックに加えて「宅配ボックス」という装置も付いています。これは宅配業者さんが届けにきた荷物を一時預かりしてくれるロッカーみたいなもので、通販が好きな人にはとても便利!
使い方は機種によって違うので、管理会社さんに確認してみてくださいね。


「分譲タイプ賃貸」ってどういう意味?
マンションには「賃貸マンション」として建物全部を同じオーナーさんが所有している物件と、「分譲マンション」という部屋のひとつひとつがバラ売りにされる物件があるんだ。
このうち、「分譲」の物件の場合は普通の「賃貸マンション」よりも設備や建材に良いものが使われることが多くて、グレードも一般的に高いんだ。なので、分譲タイプ限定で探す人もいるよ。

ただ、最近では「賃貸マンション」の中にも「分譲仕様の賃貸マンション!」を名乗る物件が出てきている。これは、分譲物件と同じグレードの設備や建材が使われたマンションだね。
そういう物件が出てきたらこのホームページの物件情報の「分譲タイプ賃貸」マークをつけていいものかどうか考え中…。幸い(?)今のところは出会ってないなぁ。


「シャンプードレッサー」って何?
洗面台の種類のことで、水が出るところがシャワーに切り替えが出来て、お風呂場のシャワーみたいに伸ばせるようになっているものを言うんだ。
ちょうど、この前撮影してきた物件で、没にした写真があるからこれを見ると分かりやすいと思う。



 お風呂に入らずとも、洗面台でシャンプーが使える!それがシャンプードレッサーなのさ!

 この写真は没にして正解だったね♪

 えっ・・・。

「メゾネット」ってインターネットの一種?
インターネットとは全然関係ないから注意。。。
「メゾネット」は、マンションだけどワンフロアだけじゃなくって2フロア使える物件のことを言うんだ。
こういう造りだと当然面積は広くなるし、造りによっては上の階も下の階もないから、戸建てみたいに気兼ねなく使えるっていうメリットもある。
例えばこんな感じの物件だね。



戸建てみたいに、階段下収納が付いていたりもするよ。

「インターネット対応」ってどんな状態?
マンションであれば、インターネットの配線が各部屋になされていて、あとは事業者に申込をすれば仕えるようになっている状態を指すよ。
ただ、光回線は建物に装置を設置する必要があるから、設置されてなかったら使えません。
基本的にはインターネットに関する費用は借りる人の負担になるから注意してね。
中には無料でインターネットが利用できる物件もあるけど、その場合はプロバイダ指定があったり、回線速度が遅いケースもあるから事前に確認してみよう!
古い物件だと「電話回線は引かれているけど、ネット回線は引かれていない」という状態だったりすることもある。
その場合、工事が必要になることもあるので、やっぱり事前に確認!



 ・・・ぜぇぜぇ・・・。

 おお~、森下さんお疲れ様!
だいぶよくわかったよ!

 こんな風に、永幸不動産では分かりにくい不動産用語も分かりやすく説明するように心がけています。
疑問があったら何でも聞いてくださいね!


それじゃあ、まったね~♪
 

書いた人

Image 森下智樹(もりしたともき)

不動産業界に入って一番驚いた用語(?)は、例えば「2億円」を「20,000万円」と表記する物件広告。
当時新人だった森下は「・・・にまんまんえん・・・?」と頭の中がハテナで一杯になりました。
似たような話で、例えば「6万5千円」を「6.5万円」と表記するのも不動産業界独特の慣習なような気がします。


お部屋探しガイド
どこよりも必要以上に詳しい! 大塚の永幸不動産のお部屋探しガイド
【第1回】初めての1人暮らし、何からはじめればいいの?
【第2回】お部屋探し用語がよくわからない!
【第3回】2人暮らしのお部屋探しってどう探せばいいの?
【第4回】こんな不動産屋さんにはご用心!?
【第5回】不動産屋さんへの相談の仕方。
【第6回その1】お部屋探しの基本をおさえよう!
【第6回その2】お部屋探しの基本をおさえよう!

ページトップへ