管理会社のお仕事

賃貸管理会社は雪かきもします

晴れた日のメゾネット桜台

永幸不動産株式会社の代表、森下です。

このカテゴリ「管理会社のお仕事」では、世間の皆様があまり知らない賃貸管理会社のお仕事について紹介をしていきます。非常に地味なシリーズです。

今回取り上げるのは2010年築のテラスハウス式賃貸住宅、メゾネット桜台です!

 

◆メゾネット桜台の思い出

現在(2018年9月23日)募集を開始したばかりのメゾネット桜台の管理委託を受けたのは、2018年の初頭のことです。

大家さんとはかなり以前、それこそ森下が永幸不動産に入社した2012年からお付き合いがありまして、森下の不動産業界での活動についてずーっと応援をしていただいていました。その頃はほとんどご自身で賃貸経営を切り盛りされている、自主管理大家さんだったのです。しかし、諸事情で大家さんが賃貸業以外の活動に専念することになり、管理委託のご相談をいただきました。

さて、正式な管理委託をいただいたのが1月初旬頃でしたので、最初のお仕事は1月末お支払い分のお家賃の集金からだな!

 

・・・と思いきや・・・

 

2018年1月22日 関東地方で大雪

(weathernews, 2018年01月26日 1月22日、南岸低気圧に伴う関東地方の大雪)

 

というわけで、メゾネット桜台の管理会社としての初仕事は雪かきとなりました! 狙いすましたようなタイミングだな・・・。

ちなみにこの時、現地には雪かき用のスコップがなかったので調達する必要がありましたが、練馬駅周辺のお店はどこもかしこも売り切れでした。

これはもうダメかもわからんね桜台の駅前で売っているところを探すか、商店街の方に事情を説明して貸してもらうか・・・と考えながらとりあえず現地に向かっていたら、なんと桜台駅から現地までの道中にある金物屋さんに豊富な在庫が!

しかもメゾネット桜台の管理用ミニ倉庫に入るサイズの、伸縮式のコンパクトなスコップをゲット!

意気揚々と現地に向かいます。

 

雪かき前の外観

雪がまだ残っている道路

こうして振り返ってみると、けっこう積もってるな・・・。

住宅街ですが、車もそれなりに通る場所のためか、ご近所さんの雪かきによって車道はなんとか確保されていました。しかし、3部屋あるメゾネット桜台の入口部分は、まだまだ雪かきが必要な状態です。

そしてこの時は一部屋空室がありまして、メゾネット桜台には各部屋に小さなテラス(庭)があるのでそちらも点検。

雪かき前のテラス

雪で覆われたテラス

・・・こっちの方がひどい!

北側のテラスなので日も当たらず、エアコン室外機も給湯器も雪で埋もれてしまっています。特に給湯器は低温になると給水・給湯管の中の水が凍って膨張し、凍結破損することもあるので救出しなければなりません。

 

最初は建物入口側、道路の方から取り掛かります。

まずは三世帯分の入り口経路を確保!

雪は邪魔にならない場所に積んでおきます

ゴミ置き場への経路も確保!

・・・ゴミ置き場への経路確保あたりで若干力尽きている感が否めませんが、無事に終了。

続いて、空室テラス部分の雪かきに取り掛かります。

まずは足場を確保!

エアコン室外機と給湯器を救出!

ちなみにこの日も気温はまだまだ低かったですが、めっちゃ汗かきました。人間の体って不思議。

 

というわけで「賃貸管理会社って普段何やってんの?」とよく言われますが、

雪かきとかしてます(断言)

 

ご入居者様とオーナー様のため、今日も頑張って活動しております!

最近の投稿

カテゴリー